出雲神話モニュメント「オオクニヌシと白兎」

出雲神話モニュメント「オオクニヌシと白兎」

出雲神話モニュメント「オオクニヌシと白兎」

NPO法人シャーネ・エレーテ今市では、出雲神話ロード構想にもとづく神話モニュメントの3作目を、「出雲の春はひなめぐり」のイベントに併せて、出雲市くにびき中央通り()に設置し、平成24年3月31日の記念式典内で除幕式を行いました。

設置したモニュメントは御影石の台座に乗るブロンズ像。ワニザメを騙し傷を負った白兎を、オオナムチがガマの穂を手に持ち、治そうとしている像です。題名は『オオクニヌシと白兎』です。

出雲神話モニュメント『オオクニヌシと白兎』2

alt=左図は、ワニザメを騙し傷を負った白兎を、オオナムチがガマの穂を手に持ち、治そうとしているオオナムチと白兎の原型デッサン 作者は藤田丈先生

『オオクニヌシと白兎』

イナバの地を目指すオオナムチは道中、傷を負って倒れ伏せている白兎を見つけました。白兎はワニザメを騙し隠岐からイナバの地に渡って来ましたが、騙されたことに怒ったワニザメに皮を剥がされたのです。白兎の話を聞いたオオナムチは、「川の水で体を洗い、ガマの穂綿で体を包み休みなさい。」と教えました。すると、白兎は傷が治り元の体に戻りました。

NPO法人シャーネエ・レーテ今市


コメントは受け付けていません。